産後の踵が痛む原因とは?

こんにちは。くずぬき整骨院整体院院長の葛貫智玄です。

9月も約6名の産後のママが新規でいらしてくださいました。しっかりとサポートさせていただきますのでよろしくお願いします。

さて、今回は産後の踵の痛みをテーマに解説していきます。

実はひそかに産後で多いのが「かかと」の痛みです。その他踵だけではなく、足の背側や足裏の痛みを感じる方もいます。

なぜ産後に足が痛くなるのでしょうか?それには理由があります。

 

産後に踵が痛くなる理由

理由① 骨盤の歪み

まず一つ目の理由が骨盤の歪みです。具体的に言うと、産後は赤ちゃんが大きくなるにつれて、お腹の重心が前につきだすような姿勢になります。その突き出した姿勢のバランスを取るために、ほとんどの場合は背中に重心を乗せて、真ん中よりも後ろ寄りに重心がかかっています。その為に、ふくらはぎやアキレス腱、太ももの裏の筋肉に負担がかかり、体の後面の筋肉が過緊張してしまい、一番下の踵の部分への負担が強くなることが大きな原因と考えられます。

理由② 血行不良

妊娠出産により、ホルモンバランスの乱れや、筋力の低下が起こり、代謝異常が起こっています。その為に血液循環が悪くなり、足がむくみやすくなります。そのむくみがなかなか回復しないがために、下肢の内圧が高まり足首周囲の痛みを感じる事もあります。

理由③ 筋力低下

特に切迫早産などで長期安静や入院をしている方は筋力が大きく低下している事があります。その状況で育児をしていると、今まで以上に足に負荷がかかってしまい、かかとの痛みを引き起こします。

これらの要素が大きく影響していると考えられます。

自分でできるセルフケア

簡単セルフケアをご紹介します。

①ゴルフボールコロコロマッサージ

超シンプルですが、椅子に座った状態で、ゴルフボールを床に置き、そのまま足の裏でコロコロと動かしながらマッサージをしてあげます。意外と気持ち良いですよ。ポイントは強くやりすぎない事。心地よい強さがベストです。時間に余裕があり気持ち良ければ、ゆっくりと気持ち良さを味わいながらやってあげてください。

②指のグーパー体操

すわった状態、または仰向けに寝た状態で、ゆっくりとご自身の指をグーパーと開いて閉じてを繰り返します。意外と動かしにくくなっていたり、硬くなっているのに気が付く方もいるかと思います。血行が悪くなり、意識的に動かしていないと末端の筋肉や関節が硬くなっています。積極的に動かしてあげてください。

踵の痛みと産後骨盤矯正

産後は踵の痛みや膝の痛み、腰痛、肩こりと様々な不調が体に起こってきます。上記で上げた要因も、元をたどると産後の骨盤のバランス不全から起こっている事です。産後の骨盤矯正は今でこそ認知されてはきましたが、まだまだ不十分ともいえます。

私は産後骨盤矯正を専門的に行っていますが、それには理由があります。産後は体が歪まない理由がないのです。10カ月以上かけて体のバランスが変わり、沢山の体力を使って出産し、筋力が戻っていない状況で毎日の育児。ママは本当に毎日大変だと思います。

体のプロであるスポーツクラブで働いていた元気なママでさえ、きちんと骨盤を戻します。

体の不調があるから歪んでいるわけではありませんが、不調が出るのは、戻すためのサインだったりします。中々不調が回復されないようでしたら当院までご相談ください。

お子様連れの来院もOKです。笑顔の育児をサポートします。

産後の骨盤矯正ついて詳しくはコチラをクリック

くずぬき整骨院紹介PV

院内の雰囲気や、施術の様子がご覧いただけます。良かったらご覧ください。

※音楽が流れますのでご注意ください。

関連記事

  1. 【佐野市の整体師が教える】 産後の股関節痛は要注意です!

  2. 佐野市で託児所付きの整体・産後骨盤矯正

  3. 【症例】産後骨盤矯正・子宮内膜症

  4. 産後の尿漏れの原因とは

  5. 帝王切開と産後の骨盤矯正

  6. 4人目の出産後の産後骨盤矯正【体験談】

整体院ブログ月別

最近の記事

PAGE TOP