産後に膝が痛くなる原因とは?

膝の痛みは骨盤の開きが影響している!?

こんにちはくずぬき整骨院院長の葛貫智玄です。産後の骨盤矯正をしていると様々な症状の方が来院されます。最近多い症状は、膝の痛みです。

・授乳して立ち上げる時に膝が痛む。

・深く座り込んでじっとしていた状態から動くときに痛む。

・歩いていると急に膝が痛くなる

ほとんどの場合が立ち上がり時の痛みです。ではなぜ産後に膝が痛くなるのでしょうか?

それは、筋力の低下から起こっています。

産後で筋力が落ち骨盤が不安定の状態で、膝の曲げ伸ばしを繰り返し行っている事で、膝関節に大きな負担がかかっているのです。膝の痛みは骨盤の開きが起こっているサインともいえるでしょう。

膝の曲げ伸ばしの仕組み

膝の動きは主に大腿四頭筋といわれる太ももの前側の筋肉が作用して動いています。しかし、産後はそれらの筋肉が上手く働かなくなっているために、いつも以上に立ち上げる際に関節に負担をかけているのです。産後の膝の痛みを改善するためには大腿四頭筋が上手く働くように戻すことが必要になります。

産後骨盤矯正で膝痛を改善する

当院が行う骨盤矯正で膝の痛みを回復していくことができます。先ほど言ったように、膝の痛みの原因はもも前の筋肉が上手く働かなくなってしまっている事が原因です。更になぜ上手く働かないかというと、妊娠出産により骨盤に歪みが生じてしまい、神経系の伝達が悪くなってしまっています。そのバランスを戻していく事で、筋肉が上手く働くようになり、膝の動きがスムースになっていくのです。

筋肉を戻すことは大切ですが無理な運動は要注意

先日いらっしゃった産後のお客様は体重を戻したくてスクワットを産後すぐから開始して膝の痛みが強くなってしまったそうです。骨盤が不安定な状態でハードな運動は回復するばかりが症状をつよめてしまう事があるので要注意です。まずは骨盤を締めるような体操や運動が効果的です。

産後の膝痛でご来院したお客様の体験談

佐野市 Y.A様 42歳 看護師

【来院までのエピソード】産後2カ月経過した頃から股関節の違和感。両膝、かかとの痛み、手指関節のはばったい症状があり寝返りや、階段の昇り降りが困難となり受診する

【感想】初診の際細かく問診していただき、日常生活において家で行える体操など指導して実施しましたが、体の痛みなど軽減する事が出来ありがたかったです。初めて受診したときは思っていた整体と違っていたため、少し物足りないように感じましたが何度か受診するごとにとてもリラックス感をえることが出来、また体の不調も改善する事ができ満足しています。

【来て良かったと思う時】全く痛みを伴わない施術であるため、とてもリラックスできます。受診の際の体調に合わせ施術を行ってくれるので良かったと思います。

【悩んでいる方に一言】痛みなど徐々に改善してきたので、メンテナンスがてら定期的に受信するといいと思います。

【院長コメント】

Y様は全体的に体の不調がありましたが、中でも膝の痛みとかかとの痛みが主訴でした。骨盤の矯正をしていく事で筋肉が円滑に動くようになり体の不調も回復され、今は月に一度体のメンテナンスにいらしてくださいます。

産後の膝痛に悩んでいるあなたへ

産後の膝の痛みは骨盤が適切に戻っていないサインです。無理に筋トレやストレッチをしても回復しないケースも多いです。それは、原因が骨盤にあるからです。産後のトラブルでお困りな事がありましたらお気軽にご相談ください。

産後の骨盤矯正の体験談はこちら産後の骨盤矯正を詳しく見る

くずぬき整骨院紹介PV

院内の雰囲気や、施術の様子がご覧いただけます。良かったらご覧ください。

※音楽が流れますのでご注意ください。

関連記事

  1. 【佐野市の整体師が教える】肩こりには骨盤矯正が有効な理由

  2. 佐野市 病院でも教えてくれない産後の骨盤の開きとは

  3. 【佐野市の整体師が教える 】産後骨盤矯正を6カ月以内に行った…

  4. 【症例】2カ所の病院で椎間板ヘルニアの診断で手術を薦められた…

  5. 帝王切開と産後の骨盤矯正

  6. 【佐野市の整体師が教える】 産後に多い猫背の悩みを産後骨盤矯…

整体院ブログ月別

最近の記事

PAGE TOP