【症例】自律神経の乱れと首の痛みの整体

こんにちは。くずぬき整体院院長葛貫です。

本日首の痛みで来院中のクライアント様から嬉しいご報告を頂きましたので、ご紹介いたします。

【症例】60代 女性 I様 2か月前からの首の痛み

7月末に来院を頂きました。2か月前から首から左肩にかけて疼痛があり、ひどい時は頭痛が起きていたそうです。じっとしていても常に痛く、仰向けで寝るのも辛いとの事。一番は上を向くのが痛む症状です。

その他の既往歴としては、3か月前に胆のうの手術をされています。

首の痛みと自律神経の関係

首の痛みやひどい肩凝りで臨床上多いのは自律神経系のアンバランスが起こっている事です。首の痛みが長く続いている時は注意深く問診をしていきます。生活習慣の中にも治した方が良い所が潜んでいる可能性もあります。

I様も問診をしていくと、最近布団で眠れなくて、気が付くとソファーによりかかりながら数時間寝てしまうそうです。この習慣は首が痛くなったあたりから結構な頻度で寝てしまうそうです。

施術をする事も大切ですが、生活習慣に潜む原因も解決してあげなくては症状は中々解決しません。施術者とクライアント様が協力して行っていく事で症状が回復していきます。

自律神経を整える整体

I様は首を動かしたり、腕を上げたりする動きでも、痛がっています。無理をさせると症状が良くなるどころか悪化してしまいます。お身体全体を診て、バランスの崩れているところからゆっくりとほぐしていきます。

痛い所はそっとしておきます。

I様は仰向けも痛い状態で横向きならほとんど痛みがなくなるとの事でしたので、横向きから整体を行いました。まずは、背骨の歪みと肋骨を調整し、また仰向けになってもらうと、先ほどの痛みはなくなっています。

その後、仰向けで腰の硬さとお腹のハリを整えて施術を終えました。

術後は少し体は楽になりリラックスできたが、首の痛みはほとんど変わりませんでした。

痛みのもとは頸椎の関節で神経が圧迫を受けているのが原因です。更に根本的に良くするには、首が前に出ている姿勢と、自律神経系の回復、骨盤の可動性の向上が必要です。約3カ月の計画を伝えて現在も治療中です。

そして先日治療を始めて1カ月の4回の治療にいらっしゃって、首の痛みがほとんどなくなったとの報告を受けました。「動けるのって幸せ~」と喜んでくださいました。さらに、1か月以上前に包丁で指を切ってしまい、その傷が膿んでしまいなかなか治らなかったそうです。しかし、気が付いたら傷までもなくなっている事にとても驚いておりました。

きっと自然治癒力が正常に働きはじめたのだと思います。

当院の整体は痛みをどうこうするというよりは、自然治癒力を高める事を目的としてますので、私も意識していないところが回復したりします。体って本当にすごいですよ!

ストレスと首の痛み

これは3回程通院していただいてI様からお話しいただいたのですが、実はI様3カ月ほど前に大きなストレスを抱えてから不眠気味になってしまったそうです。心療内科に行きお薬を頂いたことを打ち明けてくれました。お体の不調に携わる仕事をしているとこのように心の不調が体に影響をする事をとても強く感じております。

これからは心と体を深く癒すことが大切な時代になりそうです。私もこれから深く学んでいこうと思っています。

 

病院に行っても良くならないと諦めずに、まずはあなたの心と体を整える事で体はきちんと回復してくれます。一緒に元気な体を取り戻しましょう!

佐野市で自律神経失調症の整体なら

関連記事

  1. 【症例】ぎっくり腰の原因は骨盤の歪み!?(佐野市の整体)

  2. 【佐野市の整体師が教える】なぜ女性は自律神経がみだれやすい?…

  3. 症例報告・受験生集中力低下で試験問題が読めなくなった

  4. 【佐野市の整体師が教える】肩こりの原因はストレートネック!?…

  5. 【症例】頸椎ヘルニアで来院中の60代女性

  6. 【佐野市の整体師が教える】冷え性と自律神経について

整体院ブログ月別

最近の記事

PAGE TOP