【佐野市の整体師が教える】 産後の股関節痛は要注意です!

産後の股関節痛は骨盤の開きが原因!?

妊娠中や産後に股関節が痛くなったり、開きにくくなる事があります。骨盤の開きが上手く戻っていない可能性があり、きちんとしたケアをしてあげなければ、股関節の可動制限が残ってしまう事があります。

・歩行時に股関節が痛む

・股関節を開くのが痛む、開くときに嫌な感じがある

・不安定感を感じる

このような感覚があるのであればご相談してください。

 

骨盤の開きによる股関節の不調

股関節は骨盤と密接な関係があります。

産後や妊娠中に多い股関節痛は主に、骨盤の仙腸関節にズレが起きて股関節に痛みが起こっています。仙腸関節のズレにより、股関節が正常に機能しなくなるのです。

仙腸関節がすれて、股関節が機能しなくなることにより以下のような事が起こってきます。

①股関節痛

歩行時や、踏ん張る時に痛みが出たり、あぐらをかくような態勢を取ると痛くなるなどがあります。

②骨盤不安定感

歩いていて、骨盤が不安定な感じがあり、違和感を感じます。

③下半身太り

股関節が機能しなくなることで、筋肉が正常に働かずに、お尻や太ももの筋肉が落ちてしまい、下半身太りが起こってきます。

④ポッコリお腹

股関節が固くなり、骨盤の前側の筋肉が異常に固くなってしまいます。そのせいで、骨盤が前側にズレ出して、ポッコリお腹を強くします。

⑤大転子のでっぱり

大転子とは、骨盤の左右両側の出っ張った部分です。骨盤の歪みで大転子が出っ張ってしまいます。

産後骨盤矯正で股関節を整える

産後の股関節の痛みは骨盤矯正をする事で、本来の状態に戻すことが可能です。

股関節に関しては他の関節よりも靭帯が強靭な為、放置して固まってしまうと可動を戻すのが非常に大変になります。

可動域が狭くなっているとそれだけ関節部分に負担がかかるので、変形性股関節症の発生リスクも高くなります。

また、体の中心部である股関節は、体幹を使うほとんどの動作で働くため、他の関節への負担にもなりやすいです。

股関節に痛みや違和感を感じているのであれば、早めの整体をお勧めいたします。

年間50名以上の産後のママに喜ばれる産後骨盤矯正

産後の骨盤矯正ついて詳しくはコチラをクリック

 

関連記事

  1. 【佐野市の整体師が教える】辛い足の裏の痛みは足底筋膜炎

  2. 【佐野市の整体師が教える】 ストレスと肩こりの関係とは

  3. 【佐野市の整体師が教える】腰痛はマッサージで良くなるのか?

  4. 【佐野市の整体師が教える】ゴルフの為の整体・骨盤矯正

  5. 産後の不調は自律神経が関係する

  6. 佐野市で託児所付きの整体・産後骨盤矯正

整体院ブログ月別

最近の記事

PAGE TOP