交通事故後のむち打ち症状や不調に悩まれているあなたへ

事故後にレントゲンを撮って異常なしは本当に大丈夫でしょうか?

むち打ち症などの後遺症はレントゲンに写りません。

手遅れにならないためにも、早めに一度ご相談ください。

こんな方におすすめです

  • はじめて交通事故にあったがどこで治療したら良いか分からなくて困っている
  • 病院で診察を受けてシップや痛み止めをもらっているが本当に良くなるのか不安
  • むち打ちや交通事故によるけがの適切な専門の治療を受けたい
  • 現在も病院に通っているがリハビリなども一緒に併用していきたい
  • 事故後から首が回らなくなってしまった
  • ひどい頭痛に悩まされている
  • 病院や整骨院のリハビリが痛くて通うのが辛い

早期治癒を目指し一緒に頑張りましょう。精一杯サポートさせていただきます。

当院も厚生労働省認定の国家資格、柔道整復師が在中している整骨院ですので、交通事故後の通院は自己負担金は発生しません。まずはお気軽にご相談ください。

交通事故後に後遺症で悩む方を沢山見てきました。そんな想いはもうさせません!!

こんにちは。院長の葛貫智玄です。当院は体の痛みや不調を根本から改善する事を目的とした治療院です。

 

 

選ばれるのには理由があります

①交通事故専門に特化した治療

当院では交通事故に特化した専門の調整を行っています。

交通事故特有の体のズレを、ソフトな施術で的確に整えていきます。

②自賠責保険適応!負担金は0です

多くの人が整骨院で自賠責保険で治療を受けられることを知りません。整形外科や病院のみだと思われていますが、整骨院も柔道整復師という国家資格者が行うため自賠責を使って、0円で施術を受ける事が可能です。その場合は、保険会社に当院に通院する旨をお伝えしていただければ、あとは当院が保険会社との連絡のやり取りをさせて頂きますのでご安心ください。

③むち打ちを改善する手による繊細な整体施術

回復に合わせて手技での治療が中心です。手技の治療とは、実際に体に触れて、関節の動きや筋肉の硬さを確認して、その状態を正しい状態に戻していくために行います。後遺症を残さないためには、この手技での治療が必ず必要になります。炎症が落ち着いただけでは不十分なのです。確かに、薬やシップ、電気だけでも炎症の回復はされるかもしれませんが、体の構造は繊細です。数ミリ骨がずれていたりするだけでも体の動きは回復しません。それなのに、きちんと体を触って、構造を戻すような調整を行わないのが今の医療の常識となっています。当院は、体の構造(可動域、バランスなど)がきちんと戻るように調整をしていきます。

④先端医療機器の活用

医療機器は回復の補助として使用していきます。当院で使用する機器は、①中周波治療器②超音波治療器③ホットパックです。これらはミナト医科学の最新医療機器を使用させていただき、症状の回復ができるだけ早く行われるために行っていきます。

⑤予約制であなたの時間を大切にします

当院では院長一人で施術にあたらせていただく為、予約制を取らせていただいています。予約はまとめて取って頂く事も可能です。通院のスケジュールも組みやすく、きちんと通院する事で早い回復を目指していきます。ですので、当日でないと来院の予定が組めない方には、治療があまりできないかもしれませんので予めご了承ください。

むち打ち症でお悩みの方はコチラ


交通事故後の治療は負担金ゼロで治療する事が可能です

まずはお気軽にお電話またはメール、LINE@でお問合せ下さい。

お電話 0283-55-5399

メールの問合せ

LINE@登録

 

事故後に後遺症が残るのはなぜなのか?

それは事故の損傷はレントゲンには写らないからなのです!!

交通事故は、肉体的な不調だけではなく、衝撃の恐怖や、保険会社や加害者様とのやり取りにより、精神的な不安も強く起こります。

また事故後痛みがあるのに、シップやお薬だけの治療で終えてしまい、後遺症が残ってしまうというケースも少なくありません。そのような方を沢山見てきました。

ほとんどの場合は、交通事故が初めてでどこで治療を受けたら良いのかというのも分からずに、ご通院されている方もいらっしゃると思います。当院はいかに後遺症を残さずに治療をしていくかをテーマとして、最新医療機器と独自の整体テクニックでレントゲンでは写らないお体の不調までも整えていく治療を行っています。

当整骨院も柔道整復師の国家資格を所持した院長が施術にあたりますので、交通事故の自賠責を使った治療が可能です。

窓口での負担金はありませんのでご安心ください。

交通事故後の治療をどこで受けたら良いか困っているのであればお気軽にご相談ください。

交通事故後の症例をご紹介

症例① 43歳 女性 後方から追突されて首の痛みと頭痛・腰痛が主訴

病院にてレントゲン異常なし。シップと飲み薬のみの対応

信号待ちで後方から追突を受けて、その後救急車で搬送された。事故直後から首と腰が痛くて、少し顔を動かすだけで鋭い痛みが起きていた。搬送先の病院にて、レントゲンをとり、骨には異常がなく、頸椎捻挫と腰椎捻挫の診断を受け、薬と安静を支持された。その病院にて一週間後の通院を指示されたが、日に日に首の痛みと頭痛が強く起こり、当院へ問い合わせがあり、事故後5日後から通院を開始する。

【筋肉と靭帯の損傷】

当院へ来院していただき。各種検査を実施。動作検査は頚が全く左と上に向けない状態。腰は、じっとしていても痛むとの事。炎症が強く起きているため。患部を少し冷やし、超音波治療器にて早期回復の補助を行う。まだ、動くと痛いため、無理な調整は行わなかった。(週に3回~4回通院)

2週間後には強い炎症は落ち着き、頭痛の頻度も和らいできた。しかし、可動制限は引き続きあり、今度はこったような痛みが毎日夕方に強く出るとの事。筋肉や靭帯、関節のズレを戻すような手技調整を行う。(週に2回~1回通院)

緩やかに改善されて、通院2か月後に肩の凝り感は回復。しかし、まだ首を動かす時の詰まったような痛みが残るため、治療を継続。3カ月後には、治療開始時の症状はなくなり、治療を終了した。

院長コメント

ほとんどの場合はレントゲンに映らない靭帯や筋肉の損傷です。そこを理解しなければ、中々症状が改善されないばかりか、後遺症が残る原因です。しっかりと、コリや硬さを元の状態に戻すことが大切です。

症例② 58歳 男性 側方からの追突 首・右肩・腰が主訴

病院の診療時間に通えずに予約制の当院へ

交差点にて、直進しているところに右折してくる加害者が追突した事故です。事故後すぐは症状は感じていなかったが、2日経過した頃から、首の痛みと右肩が上がらなくなってしまう。その後運転中に腰痛を感じるようになり、整形外科に受診。仕事柄、整形外科の診療時間内に通ない事と、待ち時間が長いために、完全予約制の当院へ相談を受ける。リハビリは当院で受けながら、整形外科の診察を月に1回受診。

【首・右肩・腰の大きな可動制限】

首、右肩、腰は可動の制限が出ていて、損傷した部位が硬くなって動きが悪くなっている様子。またお仕事が営業職で、運転を長くされるので、運転中は以前にはない肩こり、腰痛が強く起こっているとの事。それぞれ、関節、筋肉の可動性を上げていくように整体調整を行い、電気治療、温熱療法を行う(週1~2回)

2カ月通院し、痛みの頻度が軽減し、関節の可動域も向上し、運転中の痛みも毎日ではなく数日に一回程度の痛みに落ち着いてきた。そのまま週1回で通院を続ける。

4カ月目には、関節可動域も回復し、運転中の痛みもほとんど気にならなくなった。2週間に1回様子を見ながら治療。

5カ月経過時に、症状が安定的に回復したため治療を終了する。

院長コメント

クライアント様は軟部組織と言われる、筋肉や靭帯の問題でいらっしゃいました。仕事がら、整形外科の診療時間に間に合わずに、18時30分まで受付してる当院へ通う事にしてくださいました。また、待つのが苦手との事でしたので、当院の予約制が通いやすかったようです。しっかり通って治療する事も早期回復には大切です。

症例③ 26歳 女性 後ろからの追突 首と腰の痛みと頭痛

赤ちゃん連れで通えるところを探していた

3カ月の赤ちゃんがいるママさんです。信号待ちで後方から追突を受ける。事故当日から頭痛と首の痛み、腰痛を感じ、整形外科を受診。レントゲンでは多少のずれはあると言われたが、骨には特に問題ないとの診断を受ける。頸部捻挫、腰部捻挫の診断を受け、シップを処方される。その後翌週に整形に来院したが、同じようにシップをもらい、赤ちゃんがいる事で、中々通院が出来ずに、1カ月が経過してしまう。症状が回復せずにインターネットでお子様連れでの通院可能な整骨院を検索し、当院を見つけご相談を受ける。

【頭痛は自律神経の乱れから起こっている】

来院時に問診をすると、事故後から頭痛が頻繁に起こっているとの事。通常であれば2週間以内に頭痛は落ち着いてくるが、事故によるショック、育児によるストレス、首肩の緊張により自律神経が強く乱れ、頭痛が引き起こされているようだった。首、腰も子供の抱っこ、おむつ交換が辛いとのこと。週に3回~4回の通院を2週間、その後週に2回を2週間の施術を行い、頭痛はほぼ回復する。治療内容は、骨盤と背骨の調整・肩甲骨の調整・頭蓋骨の調整などの手技治療と、電気治療、温熱療法を行う。

通院経過3カ月で、抱っこの痛みとおむつ交換の痛みも回復し、生活習慣に支障がなくなり、治療を終了する事となった。

院長コメント

交通事故後の頭痛は事故のショックで自律神経が乱れる事によっても起こります。そこに仕事や育児のストレスがかかってくると症状が回復されない事があります。また、小さいお子様がいるママは事故後のリハビリに通えない事が多いので、託児がある当院はお勧めです。

【重要】交通事故後の治療は整骨院でも可能です

ここ数年、クライアント様から、病院や保険会社様の方から、「整骨院には自賠責で通うことが出来ないと言われた」などのご相談を頂く事が多々あります。まず、整骨院で治療を受ける事が出来ないという事はございませんのでご安心ください。

当院でも、厚生労働大臣認定の国家資格を持った院長が責任を持って施術にあたらせていただいております。

もちろん、病院の先生の判断はとても大切です。しかし、中々通えなかったり、その治療を行っていても改善が見られないようであれば、転院または併用してのご通院をご検討した方がよろしいかと思います。後遺症はその後の人生を左右します。ご自身が現状に違和感を感じているのであれば、よく考えてみて下さい。

くずぬき整骨院は後遺症ゼロを目指し治療に取り組んでおります。適切な治療を受けられる環境を出来るだけ一緒に整えていきたいと思っています。
何か分からない事があればお気軽にご相談ください。

また、当院は純粋に体の痛みや不調を治したい方と向き合っていきたいと思っていますので、慰謝料目的で過剰に通院をさせたり、またそれをお願いされてもお断りさせていただきます。予めご了承ください。

まずはお気軽にお電話またはメール、LINE@でお問合せ下さい。

お電話 0283-55-5399

メールの問合せ

LINE@登録

 


くずぬき整骨院紹介PV

院内の雰囲気や、施術の様子がご覧いただけます。良かったらご覧ください。

※音楽が流れますのでご注意ください。

整体院アクセスマップ

住所:栃木県佐野市奈良渕町313-7

営業時間

【平日】午前9:30~12:30 午後14:00~19:30

【土曜】9:30~16:00(最終受付)

休業日

日曜日・祝日・その他勉強会出席日

※急なお休みはトップページのお知らせをご覧ください【お知らせはこちら

 

【次ページ 交通事故の治療について】

1

2 3

FEATURED POSTS

  1. くずぬき整骨院が押したり揉んだりしない理由…

  2. 新店舗情報 その① 外観編

  3. 膝の痛み(変形性膝関節症)とO脚の関係…

整体院ブログ月別

最近の記事

PAGE TOP