【佐野市の整体師が教える】 腰痛の原因

腰痛と言っても原因は様々です。代表的な腰痛を簡単に紹介してみます。

原因が分からないものは腰痛症

当院でも圧倒的に多い症状がこの腰痛症です。

現代人の腰痛の約8割がこの腰痛症と診断を付けられるとも言われています。

 

簡単に言うと、レントゲンを撮っても異常がなく神経症状を伴いなわない腰痛です。

病院の先生も原因良くが分からないため「症」という言葉を付けています。

慢性的に腰痛の方も当てはまります。

 

痛みがあって病院に行き、「原因が分からないから様子を見て」と言われたり

するのもそうです。それでも解消されずに、慢性化する事が多い腰痛です。

 

症状は人によってそれぞれですが、腰、おしりの痛み、重だるいような痛み

じっとしているのが大変な痛みなどです。

腰痛症の原因

身体的な影響・・・姿勢不良、同じ姿勢の仕事、骨盤の歪み、運動不足による筋力低下

心因的な影響・・・精神的ストレス(仕事、生活、人間関係、将来への不安、健康上の不安等)自律神経の乱れ

 

腰椎椎間板ヘルニア

【椎間板ヘルニアの症状】

・腰の痛み

・腰から足にかけてのしびれ(坐骨神経痛)特に片足に起こる事が多い

・身体を前屈しようとすると腰の痛みと足のしびれを伴う

・重症だと排尿障害を伴う

 

【椎間板ヘルニアの原因】

腰と腰の骨の間にクッションの役割をしている椎間板がある。

加齢や使いすぎにより、椎間板の中にある髄核が押し出されて、

腰の神経根を圧迫してしまう。

比較的若い年齢に多い20代後半から50代くらいにかけて

腰椎椎間板ヘルニアについて詳しくはこちらから

腰部脊柱管狭窄症

【脊柱管狭窄症の主な症状】

代表的な症状は間欠性跛行です。

間欠性跛行とは、歩き出してしばらくたつと、腰から足が、しびれたり、重くなったり

痛くなったりして歩けなくなってしまいます。

しかし、座って休むと歩くことが出来るようになります。それの繰り返しです。

またどちらかというと腰を伸ばすことが辛く少し腰曲げて立つことが多くなります。

 

【脊柱管狭窄症の原因】

脊柱管が何らかの原因で変性をきたし、神経や血管を圧迫してしまいます。

すべり症や、ヘルニアにより変性をきたすこともありますし、

加齢により腰椎に変性をきたす場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症について詳しくはコチラ

脊椎(腰椎)すべり症

【脊椎すべり症の症状】

腰痛と、下肢のしびれや痛みが起こります。

【脊椎すべり症の原因】

すべり症とは腰椎の椎体が前方に変位してしまい神経を圧迫して痛みやしびれがです。

関連記事

  1. 症例報告 1年以上続く坐骨神経痛

  2. 【佐野市の整体師が教える】 ストレスと肩こりの関係とは

  3. 【佐野市の整体師が教える】産後ダイエットの注意点

  4. 【佐野市の整体師が教える】 産後に多い猫背の悩みを産後骨盤矯…

  5. 【佐野市の整体師が教える】辛い足の裏の痛みは足底筋膜炎

  6. 【佐野市の整体師が教える】肩こりには骨盤矯正が有効な理由

整体院ブログ月別

最近の記事

PAGE TOP